日本チェーンストア協会(東京・港)が24日発表した2016年度の全国スーパー売上高は12兆9717億円となり、既存店の販売実績は15年度に比べて1.3%減った。マイナスは2年ぶり。食料品の販売は15年度並みを維持したが、季節商材が伸び悩んだ衣料品の販売不振などが響いた。

 日本チェーンストア協会には総合スーパー(GMS)や食品スーパーのほか、100円ショップや衣料品・家具の専門店など小売業56社が加盟する。

 売上高の6割強を占める主力の食料品は8兆4811億円で15年度と同水準だった。一方で衣料品は6.3%の減収、雑貨などの住関連品も2.9%のマイナスとなった。日本チェーンストア協会の井上淳専務理事は「雇用や賃金環境は悪くないが、日常消費に結びついていない」との見方を示した。

 同日発表した3月の販売実績は1兆520億円で、既存店ベースで前年同月を1.8%下回った。マイナスは4カ月連続。主力の食料品が1.4%の減収となったことが響いた。野菜の相場高が落ち着いたほか、気温が平年よりも低く酒類の販売が伸び悩んだ。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ24HYO_U7A420C1TJC000/

コメント一覧
景気の悪化
金がない
衣料品って古くならないと買い替えないだろ基本的に
衣料品の店が多すぎるんじゃないか?
金がないよ
毎月貯金減ってるよ
金があれば買うんだけどね
金が無いのよ
>>3
最近はセレクトショップが形態を変えてユニクロ価格で出したりするからなぁ
ZOZOTOWNの影響もあるだろうし
まーた天候不順(笑)か?
衣料品って女さんがいっぱい買ってんじゃねえのかよ
住と食は一ヶ月無かったら死ぬが衣類一ヶ月我慢ぐらい余裕だからな
他人の金で衣服浪費しまくるまんこは別だが
アベノミクスが証明する民主主義の欠点
アベノミクスの評価
国民から集めた税金や年金を使って株価を人為的に上げたり、
日本の鉄道や原発を輸入することを条件として海外の国に資金
を提供することは、短期的に見れば「株価の上昇」や「輸出の増大」
をもたらしますが、その結果として日本が「世界一の借金大国」に
なったことは否定できません。

GDPに対する借金の比率に応じて描いた世界地図ですが、
230%の日本がダントツです。
このまま突き進むと、いつかはスーパーインフレが来て国民生活が
ズタズタになることは歴史が証明していますが、それにもかかわらず、
なぜ安倍政権が選挙で勝ち続けるでしょうか?

それは、人々には「将来、来るだろう痛み」を感じる能力がなく、
目の前の株価・売り上げ給料にばかり目が行くからです。
http://www.huffingtonpost.jp/satoshi-nakajima/abenomics-democracy_b_13264774.html?ncid=tweetlnkjphpmg00000001
------------------------------------------------------------------
なんだかんだ言ってもアベノミクス信者って、
ガリレオ時代に「天が回っている、地は回っていない」大多数の天動説を信じる大衆と一緒だよね。
バカだから、地(地球)が回っている地動説を唱えるガリレオを全く信じられない。
当時、天動説が支持されていた。

アベノミクスも、それで、やがて訪れる不幸に遭遇した時、やっと気付くことができるかな。
それでも気付くことができるか疑問だな。