上手に仲良くなるコツ

人間同士であれば「こんにちは、はじめまして」と会釈し
会話でコミュニケーションを取りますが、ワンコは違います。

初対面の場合や、まだ慣れていないワンコと合う時は
[無視をする][目を見ない][触らない] が鉄則です。

ワンコは始めて会う生き物に対して、まず鼻を使い "におい" を
確認します、犬同士だとお尻のにおいを嗅ぐのがそれです。

ワンコは匂いで相手の状態を判断する習性があり、人間に対しても同じです。
人間も良く分からない人から見つめられたり、話しかけられたら怖いし避けますよね?


注意

  • これも習性ですが "怖い" ⇒ "吠え・噛む" と言う行動に出ます。

状態の良いワンコの場合は、足元まで匂いに来ますが
ワンコは鼻が良いので、臆病だったり・警戒心が強いワンコだと
離れた場所から嗅ぐので分かり難いです。

ポイント

  • 離れていても、嗅ぐときに鼻をヒクヒクさせるので判断できます。

一頻り嗅ぎ終わると、自然と距離をを空けるようになり
今度は目と耳で人間を観察します。
この時がチャンスで、タイミング良くワンコの好む事
例えばおもちゃやおやつなどで気を引くと、大抵仲良くなれます。


ワンコと距離を置きたい場合

慎重に進めたい場合は、暫く時間を空けるなり、回数を重ねたりしながら
ゆっくりと認知させても問題ありません。

ワンコが怖い・好きじゃない人は、無視をし続けていれば大抵は
ワンコもかまってきませんが、もし近づいてきても後ろに下がったり
逃げたりしてはいけません、ワンコに格下だと思われます。


ポイント

  • 格下と判断されると問題行動のオンパレードになるので気を付けて!


対処法方は簡単で「近づくな!」と強く念じながら、思い切って
ワンコに向かい"ドン!"と強く一歩前に踏み出して下さい。

大抵の場合はこれで引き下がりますが、威嚇・攻撃態勢(片足を上げる)
行動が見られた場合は、ワンコのしつけが出来ていないので
飼い主に申し出て下がらせてください。

注意

  • 背中を見せて逃げるのは厳禁です!
  • 追いかけ回された挙句に最悪噛まれるので、怖くても頑張って逃げないで下さい。